キモノドリーマー

着物の合わせについて

着物を着る際、前の部分の裾を重ねて着るようになるのですがここでよく初心者の人たちが間違えてしまうのが合わせについてです。どういうことかと言うと、右と左の裾のどちらを前にしてきればいいのかと言うことが分からない人が多く、これに関して間違えてしまうと非常に失礼なことになってしまうため、着物の合わせに関しては注意が必要となるわけです。 まず知っておくべきなのが、着物の合わせには右前と左前と言うものがあります。ちなみに前と言うのはどういう意味なのかと言うと、先に合わせる方と言うものとなっています。つまり、どちらを先に体の前に持ってくるのかと言う意味合いを持っており、右を先に合わせたならば右前と言うことになるわけです。 そして着物を着る際には右前にするのが一般的であり、左前にすると白装束のような支社が身に着けるものと言う意味になってしまうため、着物を着る際には絶対に間違えてはいけないポイントとして注意する必要があります。